片思いで振られた直後はどうしたら良い?

振られた直後は後はどうする?

実らなかった片思い、その後は?

 

凄く勇気を振り絞ってアクションを起こして玉砕してしまった後、
それでもやっぱり好きだと感じることも少なくありません。

 

問題はその後です。せっかく好きだったのに相手に好きになって
もらえないどころか嫌われてしまっては元も子もありません。

 

どんな風にとらえるべきか、その後はどうしたらいいか
考えましょう。

 

 

振られた瞬間気持ちが冷めることなどないに等しい

 

告白する勇気を振り絞れる相手だったのだから、
気持ちはその分大きかったという証拠です。

 

相手から交際を断られたとしても簡単に好きじゃ
なくなることはありえません。

 

多いのが「待つ」という決断をする人ですが、
これは後々苦しくなることが多いのでお勧めしません。

 

そんなに好きな相手だったのだから、簡単に忘れられなくて
当然だと考える事が必要です。

 

恋の傷を癒してくれるのは時間でしかないのです。

 

ただ、その時間も人によりまちまちですし、相手によっても変わります。

 

連絡などを取っていた関係なのであればシャットアウト
するよりもフェードアウトの方が自然で、
立ち直りも早いです。

 

多いのはあんなに好きだったんだから簡単に
忘れない自分に酔ってしまっている事です。

待つ気があるのなら振られる前と同じ行動を心がける

 

振られた瞬間に「待機」の姿勢に入る人が少なくありません。

 

もちろん猛アタックを続ける人もすくなくありませんが、
猛アタックしすぎて嫌われてしまうなんてこともあります。

 

相手との恋が成就しないどころか嫌われて
拒絶されてしまっては元も子もありません。

 

学校や職場が同じの場合は振られる前と
変わらない行動を無理してでもとる必要があります。

 

仮に相手がまだ交際したいと思えるほどあなたの
事を知らない事が理由で断る場合もあります。

 

告白がきっかけで意識してくれるようになることもあるのに
不自然に避けてしまったりすると相手も気まずく、
その後の進展は望めません。

 

連絡などもできれば今まで通りが望ましいです。

 

相手が今まで通りを望むのか、それともシャットアウト
なのかを聞くことは告白よりは簡単に聞けるはず
なので相手の望むように向かうのも
これからの人間関係として付き合っていく上では
必要不可欠です。

関連ページ

片思いを成就させたエピソード
片思を伝えられなかったり、伝えても相手が気が付かないのはとても辛いことです。 ここでは、相手に思いをどうやって伝えるのが一番良いのかを片思いを授受させた人からのアドバイスです。
片思相手が脈なしだったらどうする?
片思を伝えられなかったり、伝えても相手が気が付かないのはとても辛いことです。 ここでは、相手に思いをどうやって伝えるのが一番良いのか、もし脈なしだったらどうするかを検証します。
片思いが成就しても指輪のプレゼントはNG
片思を伝えられなかったり、伝えても相手が気が付かないのはとても辛いことです。 ここでは、相手に思いが成就しそうになっても指輪のプレゼントなどペアルックのプレゼントの是非をアドバイスします。
片思いで会いたい気持ちをいつたたえたら良いのか?
片思を伝えられなかったり、伝えても相手が気が付かないのはとても辛いことです。 ここでは、相手に思いをどうやって、いつ頃伝えるのが一番良いのかを体験者の意見を見てみました。
好きでもない人から片思いされていたら?
片思を伝えられなかったり、伝えても相手が気が付かないのはとても辛いことです。 ここでは、逆に好きでもない人からの片思いは気持ち悪いのでしょうか?逆の立場に立って考えてみましょう?
片思いが叶う場合、前兆はあるのか?
片思を伝えられなかったり、伝えても相手が気が付かないのはとても辛いことです。 ここでは、相手に思いを伝えて、どんな前兆があるばうまくいく可能性があるのか、体験談を含めて分析しました。
片思いを成就させるには連絡を断つ駆け引きも必要
片思を伝えられなかったり、伝えても相手が気が付かないのはとても辛いことです。 ここでは、一度はこちらから連絡を断つなど、駆け引きも恋愛には必要だとのアドバイスをしていきます。
片思いの高校生のうまくいく告白の仕方とは?
片思を伝えられなかったり、伝えても相手が気が付かないのはとても辛いことです。 ここでは、高校生が相手に思いをどうやって伝えるのが一番良いのかを体験者の意見を見てみました。
片思い中に連絡を待っ他方が良い?
片思を伝えられなかったり、伝えても相手が気が付かないのはとても辛いことです。 ここでは、相手に思いを伝えた後には返事を待ったほうが良いのかを考察してみました。